FC2ブログ

男女の労働力ギャップ

「男女の労働力ギャップ」という言葉をご存知でしょうか? 男女の労働力ギャップとは、
男性の労働力率と女性の労働力率の差です。いいかえれば、男性に比してどれだけ女性が
社会参加しているか(働いているか)を示す数値です。
経済協力開発機構(OECD)の資料によると、OECD平均(09年)は18%となっています。

さてそれではここで例によってクエスチョン!日本の労働力ギャップは、このOECD平均より

  1.高い
  2.ほぼ同じ
  3.低い

そうです。皆さんご想像の通り、日本の労働力ギャップは26%と主要国の中でもかなり高い
水準です。さらに驚くべきは「イタリア31%、ギリシャ29%、スペイン20%・・・等々」
今はやりの信用不安に苦しむ国が上位に並んでいることです。
これは考えられる理由としては、社会保険料や税金を負担している人が少ないからと言えなくも
ありません。(一方デンマーク8%、スエーデン6%、フィンランド3%など)

このような状態の改善には、女性の就業意欲が促進されるような、多様な働き方を支える社会
保障制度が必要です。また、正規雇用と非正規雇用の待遇の格差改善も必要です。失業保険は
正社員には出るが、非正規社員には原則出ません。年金も同様です。

これに呼応して、不十分ながら政府の「税・社会保障の一体改革」が実施されます。2016年
10月からは「パート労働者の厚生年金の適用拡大」として、これまで労働時間が週30時間以上
(月収約10万円)の基準が、労働時間20時間以上・月収8.8万円以上に変更となります。
これまで保険料を払っていなかった「主婦パート」(会社員・公務員の奥さん)にとってはマイナス
になるケースもありそうです。

週30時間未満で働く時間を抑えられていた(抑えていた)あなたは、さて何時間働きますか? 
負担する厚生年金保険料・健康保険料に対して、厚生年金受取額との総額での正確な比較考量が
必要となりそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

マネー七福人

Author:マネー七福人
マネー七福人の「胡子(えべ
す)」です。各家庭の豊かな
家庭づくりをお手伝いします。
家庭を「守る」資金を「貯め
る」資産を「殖やす」あなた
の家庭の悩みをお聞きします。
あなたの家庭に福をもたらし
ます。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR