FC2ブログ

ネット生保と一般生保

ネット生保とは、簡単に言えば対面販売をせずにインターネットだけで申し込みが完結される生命保険会社ですが、一般生保と比較して「保険料が安い」というイメージがあり、契約件数を伸ばしています。

確かに、単純に料金比較すれば、次のようになります。例えば・・・
35才男性、10年定期保険、死亡保障3000万円   
    ■ ネット生保 月掛保険料 4,792円×12ケ月×10年=575,040円
    ■ 一般生保  月掛保険料 5,910円×12ケ月×10年=709,200円

しかし、どんな場合も常にネット生保が有利となるのでしょうか?
たとえば35才から65才までの継続的な保障を考えてみましょう。
    ■ ネット生保では10年定期で保険金額を低減させます
        35才~45才 死亡保障3000万円
        45才~55才 死亡保障2000万円
        55才~65才 死亡保障1000万円
    ■ 一般生保では35才~65才までの収入保障保険(月額15万円)でカバーします

さてここで例によってクエスチョン、ネット生保と一般生保、どちらが有利となるでしょうか?
  (1)ネット生保
  (2)一般生保
  (3)どちらもほぼ同じ 

ネット生保では
         35才     45才      55才     65才
[月額保険料] 4,792円  → 7,596円  →  8,722円 
[合計保険料] 2,533,200円

一般生保では  
[月額保険料] 5,250円  
[合計保険料] 1,890,000円
となり、合計保険料ベースでは一般生保の収入保障保険の方に軍配があがります。

また終身医療保険でも
  30才男性、入院日額5,000円(支払限度日数60日)、手術給付金10万円
で比較してみると
  ネット生保 [月額保険料] 2,326円
  一般生保  [月額保険料] 1,660円  
という結果になります。

結局は一概にどちらが有利という訳ではなく、ケースバイケースというのが実際の結論となりますが、何事にも先入観をもって対応するのではなく、ひとつずつ丁寧に比較考量・検討していくことが大切です。 
スポンサーサイト
プロフィール

マネー七福人

Author:マネー七福人
マネー七福人の「胡子(えべ
す)」です。各家庭の豊かな
家庭づくりをお手伝いします。
家庭を「守る」資金を「貯め
る」資産を「殖やす」あなた
の家庭の悩みをお聞きします。
あなたの家庭に福をもたらし
ます。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR