マイナス金利

金利がマイナスになるということがあるのでしょうか? 通常はお金を貸したら、貸した
人が借りた人から利息をもらう。これが社会の一般的なルールのはずです。金利がマイナ
スになるということは、「お金を貸した人が利息を払う」ということです。本当にこんなこ
とがあるのでしょうか?

昨今、国の借金である国債の市場では、この一般的なルールが次第に当てはまらなくなっ
てきています。それでは、次のクエスチョンに答えていただく形でその仕組みをご説明し
ましょう。
今ここに1年満期で1円の利息がつく額面100円の国債があるとします。
この国債を市場で次の値段で買ったときに、マイナスの金利になるのはどれでしょう?

(1)100円
(2)101円
(3)102円

答えは(3)の102円です。100円で買えば、1年後に利息と合わせて101円を受け取る
ことができ利回りは1%になります。101円で買えば101円返ってくるので、利回りは0%
です。 102円で買うと、満期には101円しか返ってこないので利回りは
  (101円-102円)÷102円=▲0.98% になります。

直近では4月に2年物の国債利回りが市中でマイナスに転じています。なぜこのようなこ
とが起こるかというと「利息を払ってでも国債が欲しい」という市場参加者がいるためで
す。今、「異次元緩和」と称して日本銀行が毎月大量に国債を購入しているため、国債の
価格は上昇し、金利は低下しています。金利がマイナスだと、国債を満期まで保有すると
損が出る可能性がありますが、途中でもっと高く日銀に売ればよいと考える投資家もいる
ため取引が成立しているのです。

大規模金融緩和を始めた欧州、特にドイツでもこの現象が起こっています。さらには銀行
の預金金利までマイナスにする(預金に手数料を課す)ケースまで出始めています。市民
にとってはお金を預けていると金利をもらえるどころか、目減りするため、逆にお金を借
りて住宅などの資産を買うきっかけにしようというものです。債券バブル・金利バブルと
言えば言えなくもないでしょう。

皆さんも老後に備えるため、一定の運用を行っている方が多いと思いますが、あなたは
マイナス金利の国債を買いますか? マイナス金利の預金をしますか?
各国の国債市場・金融市場は刻々と変化しています、「変化に対応」ですね!
スポンサーサイト
プロフィール

マネー七福人

Author:マネー七福人
マネー七福人の「胡子(えべ
す)」です。各家庭の豊かな
家庭づくりをお手伝いします。
家庭を「守る」資金を「貯め
る」資産を「殖やす」あなた
の家庭の悩みをお聞きします。
あなたの家庭に福をもたらし
ます。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR