FC2ブログ

毒と薬

この世の中には毒ガスから生まれた薬もあるそうで、それは世界初の抗がん剤「ナイトロジェンマスタード」です。薬のもとになったのは、皆さんもご存じの毒ガス「マスタードガス」です。第二次世界大戦中に米国の貨物船が攻撃を受けましたが、マスタードガスがこの貨物船から流れ出しました。しかしながらこの毒ガスを吸った被害者から白血球が減るなどの症状が見つかったことから、毒ガスの成分を改良して抗がん剤として使用されるようになりました。がん細胞を増殖できなくする働きがあるそうです。

それではここで例によってクエスチョン!
色々な毒が薬になったものがありますが、次のものの中で失敗例はどれでしょうか?

1. トリカブトの根→漢方薬(強心剤)
2. ボツリヌス菌→斜視の治療薬
3. ヘロイン→せき止め薬・鎮痛剤

正解は3です。麻薬のヘロインは19世紀末にせき止め薬として発売され、鎮痛剤としても高い効果が期待されたようですが、依存性が高く禁断症状も激しいことから、薬としては使われなくなっています。

人間への毒性の高い物質が実は嗜好品として好まれています。皆さんもよくご存知の「お酒のアルコール」や「たばこのニコチン」、「コーヒーやお茶のカフェイン」などです。アルコールは私も毎日頂いてますが、適量であれば「百薬の長」といわれ、過ぎると「きちがい水」と言われます。毒と薬は本来表裏一体で、もともと人間は毒が好きな動物であるような気がします。

これまで生きてきた中で、私にとって大きな「毒=薬」は「世界のマーケット」ではなかったかと思っています。私自身も数々の大きな失敗を繰り返しながら、時には瀕死の状態にも陥りながら、今ではそれを「良薬」として活用しています。お客様のポートフォリオ運用にも良き薬として役立てたいと思っています。

あなたにとって「毒」は何ですか? 活用次第ではそれは大きな「薬」になるかも知れません。もう一度振り返って見直してみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

マネー七福人

Author:マネー七福人
マネー七福人の「胡子(えべ
す)」です。各家庭の豊かな
家庭づくりをお手伝いします。
家庭を「守る」資金を「貯め
る」資産を「殖やす」あなた
の家庭の悩みをお聞きします。
あなたの家庭に福をもたらし
ます。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR