算数・数学は好きですか?

私は小学校から中学・高校の学生時代は特に「算数・数学」が大好きで、学校から帰ったら色々な問題をいま風ゲーム感覚で解いていました。私の妻も結婚前は数学の教師だった関係からか、子供たちにもこの傾向は引き継がれているように思われます。小さいころは娘や息子たちと一緒にお風呂に入りながら、「植木算」や「鶴亀算」「流水算」などいろいろな算数の問題を楽しく解いていいました。

しかし現在の数学は学生時代に勉強として強いられている関係から、数学嫌いになりがちと言われています。でもずっと昔の江戸時代には、庶民の数学に対する教養レベルはかなり高く、和算書と言われる数学の教科書も発行されていたようです。その中には、そろばんの使い方や九九の計算式のほか、平方根などの難しい数式も記載されていました。

ところで「算額奉納」という言葉をご存知でしょうか? 「算額奉納」とは、数学の問題を絵馬などに書いて神社や仏閣に奉納し、解答を競うゲームのことです。江戸時代には寺社が寺子屋の役割も担っていたことから、これが結構さかんに行われたようです。

先般、奈良の東大寺でこの算額が納められましたが、それではここでクエスチョン!!!
次の二つの算額の中で奉納された問題はどちらでしょう?

1. 大仏様が肩まで浸ってお風呂に入るには何リットルのお湯が入る湯舟が必要か?
2. 東大寺の梵鐘をつくと音は半径何キロメートルまで届くか?

皆さん、解答はお分かりですか?
正解は「どちらの問題」も算額として奉納されました。
結構なおもしろい難問ですね、2問とも今はやりのAIでは解けない問題とされています。実際とても解けそうにありませんね!!! 

最近ではマネーバランスクリニックでも、お子様向けの「お金の意味」や「使い方」について早くから理解を深めようとセミナー等が結構さかんに開催されています。これも算数・数学好きへの取り組みの一つと言えるでしょうか・・・・

「お金の意味」や「使い方」については、算額奉納同様なかなか答えが出せない問題ですが、早くから数字に親しませることは、非常に大切なことのように思われます。我が家でも私はもちろん、妻また子供たちもすべてそれぞれが家計簿つけて自ら管理するようになっています。ただ、つければいいというものではありませんが・・・・また、解決方法についても、これだという正解がないのも難しいところですね!

スポンサーサイト
プロフィール

マネー七福人

Author:マネー七福人
マネー七福人の「胡子(えべ
す)」です。各家庭の豊かな
家庭づくりをお手伝いします。
家庭を「守る」資金を「貯め
る」資産を「殖やす」あなた
の家庭の悩みをお聞きします。
あなたの家庭に福をもたらし
ます。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR