FC2ブログ

セルフメディケーション税制

今年から市販薬に対する「医療費控除の特例」(セルフメディケーション税制)が新設されています。どういう薬が対象になるかというと、医療用の医薬品のうち市販薬に転用することがOKと認定された薬が対象になります。(但し5年間の時限立法)

趣旨としては「軽い症状なら病院に行かず、市販薬で治す」「市販薬で健康の増進や病気の予防をする」という考え方が基本になっているようです。

それではこの制度がどのような制度かというと、対象となっている医薬品の購入額が年間12,000円を超えた場合に、上限100,000円まで(12,000円控除後の88,000円が)所得控除の対象となるというものです。

それではここで例によってクエスチョン!
この制度と従来の「医療費控除」の関係はどうなるでしょう?

1. どちらも所得控除として、申請できる(双方適用)
2. どちらか一方しか、申請できない(選択適用)

正解は2の選択適用です。どちらで申請するのがよいか検討する必要があります。

また、このセルフメディケーション税制には条件があって、確定申告する人が「健康増進や疾病予防に取り組んでいる証明」が必要となります。具体的には定期健康診断や予防接種などの結果通知表や領収書を申告書に添付します。
あなたは健康診断やインフルの予防接種などを受けてますか?

それでは、ドラッグストアなどでどのようにして対象商品を見分けるかというと、対象となる医薬品には「セルフメディケーション・税・控除対象」というマークが印字されています。もしくはレシートに対象商品であることが記載されるそうです。
ただ、実際にドラッグストアを歩いてみたところ、まだこのマークが印字されている医薬品は少ないようにも見受けられました。

注意点は。従来の「医療費控除」の制度でも、医師の処方箋により購入した医薬品はもちろん、「病気やケガの治療のために購入した市販の医薬品」も医療費控除の対象になっていることです。でもこの場合には、治療費と合わせて年間100,000円を超えることが必要です。

さてさて、あなたはどちらの制度を使いますか・・・・?
とりあえずは市販の医薬品の領収書も捨てないで取っておくということでしょうか・・・!
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マネー七福人

Author:マネー七福人
マネー七福人の「胡子(えべ
す)」です。各家庭の豊かな
家庭づくりをお手伝いします。
家庭を「守る」資金を「貯め
る」資産を「殖やす」あなた
の家庭の悩みをお聞きします。
あなたの家庭に福をもたらし
ます。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR